MENU

手汗・脇汗治療に効果!塩化アルミニウム制汗剤特集

オドレミン(日邦薬品工業)

オドレミン

オドレミンは塩化アルミニウム入りの制汗剤として医療機関でも扱われる商品です。

 

塩化アルミニウム濃度は13%で、手掌多汗症の方は軽度であれば効果はあるかもしれません。

 

脇汗が多い腋窩多汗症の治療に特に有効と言われています。

 

テノール液(サトウ製薬)

テノール液

テノール液は国内でも有名なサトウ製薬から発売されている塩アル制汗剤です。

 

濃度は3.9%とかなり低めなので、軽度の腋窩多汗症や軽いワキガが気になる人にはおすすめのロールオンタイプの制汗剤です。

 

デトランスα(パースピレックス医療制汗剤)

「デトランスα手足用」は、医療用の処方薬と同等の塩化アルミニウム濃度25%。

 

市販の塩化アルミニウム制汗剤の中でも濃度が高いので、効果も期待できますが手荒れに注意が必要です。

 

 

手汗や脇汗に効く塩化アルミニウム制汗剤特集について

ひどい手汗や脇汗、頭汗などの多汗症でお悩みの方に。多汗症治療について調べると、専門の医療機関で受けられる初期治療のひとつに「塩化アルミニウム水溶液の外用療法」があることがわかります。塩化アルミニウムは、汗の出口を塞ぐことで発汗量を抑える効果があります。残念ながら多汗症の根本治療ではなく、対症療法となってしまいますが、塩化アルミニウム液を塗ることで今ある大量の発汗を抑えられるのであれば日常生活はとても楽になると思います。継続使用することで多汗症が弱まる場合もあるので、ぜひ一度は試してみたい対策方法ですよね。市販されている塩化アルミニウム制汗剤について初めて知ったという方は、どの商品を購入すればよいのか迷ってしまうと思います。そこで、効果が高く口コミでも評判の塩化アルミニウム制汗剤を3つご紹介しています。特に、手掌多汗症と呼ばれる「手汗」を抑えたい方は、塩化アルミニウム濃度の高い「デトランスα」がおすすめです。1回使用でも汗が軽減したという口コミも多いのでまずは一度トライしてみてください。多汗症の重症度にもよるので効果の感じ方には個人差があると思いますが、「おもしろいほど汗が止まった」と感動するかもしれませんよ!暑い季節は多汗症にとって地獄のような日々ですよね。緊張する場面などでも、手汗を気にしないでリラックスして過ごせるように、ぜひ塩化アルミニウム制汗剤の効果を試してみてください!