MENU

多汗症治療で公的医療保険制度が適用になるのは?

多汗症の治療や手術で、公的医療保険制度の適用となるものをピックアップしています。

 

多汗症の手術といっても、病院やクリニックだけでなく、美容整形でもあらゆる方法で行われています。

 

多汗症治療の保険適用についてまとめました。

 

スポンサーリンク

 

保険適用であるもの

 

保険適用でないもの

 

治療を行う医療機関によって、保険適用の可否判断が異なるかもしれませんので、事前に担当医師に確認することをお勧めします。

多汗症治療と保険適用について

保険適用の対象外で頻回な実施が必要な治療方法の場合、多汗症を根本的に治したくても治療費が高いのでは、経済的にも厳しいです。

 

保険適用の条件をご紹介しましょう。

 

簡単に言うと保険適用できるかできないかの境目は、「治療」が目的か?、「美容」が目的か?によって変わってきます。

 

ですから、医師に症状を伝えるときには異常な汗をかくこと、多汗症によって日常生活に支障があることを詳しく伝えましょう。

 

多汗症は厚生労働省によって、認定を受けているれっきとした病気なのです。

 

もう一つは、病院によっては多汗症の手術を保険適用でできないところもあります。

 

ですから、治療を受ける前に、多汗症に実施する各治療が保険適用できるかどうか確認しましょう。

 

多汗症の治療の方法によっても、保険適用化を左右する場合もあります。

 

胸腔鏡下交感神経切除術、胸部交感神経節ブロック、腰部交感神経節ブロックは、保険適用ができる手術法として認められています。

 

保険適用が効く治療法を選ぶというのも選択のひとつですね。

 

また、美容外科によっては、保険適用ではやりたがらないところもあるそうです。

 

スポンサーリンク