MENU

多汗症は肉食?

 

多汗症と、食生活はかなり密な関係にあります。

 

その理由は、食事をすると上がる「代謝熱」のしくみです。

 

代謝熱が上がるとカラダが体温上昇をキャッチして、汗を出して体温を下げようとします。

 

代謝熱が出やすいのは、タンパク質だと言われています。なんと、炭水化物の5倍も熱産生をするらしいです。

 

タンパク質で、代表されるのはやはりお肉です。

 

夏の暑い時期に、肉料理をガツガツ食べているようだと、多汗症をただひどくするだけです。

 

さらに、多汗症のみでなくワキガを伴っているような方は、特に肉類はお薦めできません。

 

ワキガの原因となるアポクリン腺は、動物性タンパク質など脂質の多い食事によって分泌が刺激されて、強い臭いが発生するそうです。

 

逆に、汗を抑える成分で有名なのが、大豆に含まれるイソフラボンです。

 

お豆腐や納豆などは、多汗症の人には優しい食材になると思います。

 

スポンサーリンク

多汗症を抑えるために水分量を控えるのはNG?

多汗症は、通常の人よりも汗をかく量が多く、カラダから水分が放出されやすい状況にあります。

 

この原因が、「体内の水分が多すぎるから・・・」と自分で判断して、水分補給量を控える対策を講じる人がいます。

 

しかし、この多汗症対策はかなり危険です!

 

夏場になると、よくニュースで耳にする「熱中症」や「脱水症状」になってしまいます。

 

そもそも、飲酒などで水分を過剰に摂りすぎた場合、カラダが水分を体外に排出する手段は「尿」です。

 

発汗は、体温調節のために自律神経が働くことで自動的に行われるものなので、体内の水分量が多いせいで発汗するわけではありません。

 

体内の水分が少ないと、汗の水分も足りなくなるため、汗の成分が濃くなり、粘度があって汗染みや黄ばみの原因となります。

 

正しい知識を持って、多汗症対策をしましょう。

 

スポンサーリンク

多汗症と基礎代謝量って関係あるの?

多汗症は手のひらや足裏、脇の下、顔面などから汗をかく局所多汗症もあり、全身から汗が出る全身性多汗症もあります。

 

発汗量が通常より多い訳ですから、基礎代謝量も高いのでしょうか。

 

基礎代謝とは、人間が生命を維持するために必要な呼吸や体温調節などで消費されるエネルギーのことです。

 

1日、生きているというだけで絶対に消費されていくエネルギーってことですね。

 

さらに、驚きなのが、基礎代謝って消費されるすべてのエネルギーの7割にも達するんだそうです。

 

そうなると、基礎代謝量が高い人は摂取したカロリーが普通に暮らしているだけでも消費されていくってことで、やっぱり痩せやすい。。というか太りにくいってこと。

 

男性は16歳、女性は14歳がピークだそうです。

 

基礎代謝が高く、食事の後などに汗を全身にかいている男性はよくみますけど、多汗症は基礎代謝が高いことが関係しているのでしょうか。

 

甲状腺機能亢進症になどに伴って、基礎代謝が高まることからくる多汗症の症状もあるらしいですが、基礎疾患として他の病気があるので、単純な多汗症とは違うような気がします。

 

手掌多汗症などの原発性局所多汗症の場合は、交感神経の過敏さが原因ですし、精神性の要素もあるので、基本的には基礎代謝とはあまり関係無いような気がしますね。

 

私も局所多汗症ですが、基礎代謝は低い方です。

 

多汗症だから、痩せやすいって訳でもない。汗をかいたぶん、痩せてくれれば、悩みが半減するんですけどね。

 

スポンサーリンク