MENU

iPhoneの指紋認証は、多汗症だと使えない??

iPhone5sから新しく導入されたことで話題の指紋認証機能ですが、手掌多汗症の方にとっては汗で濡れた自分の指を認証してくれるのか不安ですよね・・・

 

スポンサーリンク

 

iPhone指紋認証機能とは?

iPhone5sの指紋認証とは、他者の侵入を防ぐための機能です。

 

壁紙をスライドさせてホーム画面に入ろうとすると、パスコードを要求されるようになっていて、4ケタの暗証番号を入力するか、自分の指をホームボタンにあてて指紋認証させることでロックを解除できます。

 

指紋の登録は5つまでできるので、自分の5本指すべての指紋を登録してもよいし、緊急時を考慮して家族の指紋を登録しておくこともできます。

 

実際にやってみました!iPhone指紋認証と多汗症との相性は?

最近、iPhone5sに変更したので早速使ってみました。

 

重度の手掌多汗症ですが、両手の親指と、右の人差指の指紋を登録してみました。

 

その結果・・・・。

 

「相性悪い・・・」

 

1回目の登録だと、認証してもらえなかったので、何度か登録し直して、指の角度も変えたりしてみました。

 

でも、あまり認証してもらえません。

 

まったく認証しないわけではなく、5回に1回くらいは、指紋認証してくれますが・・・。

 

登録したときの指が手掌多汗症の影響で、わずかに湿っていたせいなのかもしれません。

 

多汗症ではない家族が持っているiPhone5sは、しっかり指紋認証してくれてますし、私の場合だけ上手くいかないので、やはり多汗症の影響はあるかもしれません。

 

推測の範囲ですが、色々と原因はありそうです。

 

私の場合の検証結果は、手掌多汗症だとiPhone指紋認証はあまりうまく機能しないという結果になりました。

 

とりあえず、暗証番号4ケタを入力すればホーム画面に入ることはできるので、指紋認証は使わないでいます。

 

まずは、これからも多汗症対策を頑張りながら、iPhoneと気長につきあっていくつもりです。

 

スポンサーリンク

多汗症とスマホ記事一覧

スマホと充電器をつなぐ接続部分が異常発熱してスマホが溶けてしまったり、そこから火花が飛んで軽い火傷を負うなどの事例が増えているそうです。その原因の1つが、なんと「汗」。多汗症の人には、聞き流せない情報です・・・プラグを上下逆にして無理矢理入れてしまったり、挿入口にホコリが侵入したなど原因はさまざまあるようですが、ある調査によると異常発熱したスマホから、ナトリウムや塩素など塩の成分が検出されました。...