MENU

多汗症の日々を書いてみた・・・

多汗症という体質を持って、この世に生まれて辛いことも苦しいこともありましたが、なんとか今までがんばってきた自分に「スゴイ」と思ってあげたいです。

 

何気ない日々の中で、多汗症であるが故の気づきや悩み、その対処法などをブログ形式で書いてみます。

 

私と同じように、多汗症で悩む人々に、共感というか「そうそう( ^-^)」なんて思ってもらえたら良いなって思います。

 

私は、多汗症の中でも手汗と足裏の汗がヒドイタイプです。

 

脇汗も人一倍あるけど、自分の中では手汗がやっぱり気になっています。

 

その体験記と共に、ブログも楽しんでもらえたら嬉しいです☆

秋の気配と多汗症

多汗症の私にとって、夏場はやっぱり辛いですね。

 

日本はどうしても、どこに居たって湿気が多くて、多汗症にとって湿気は大敵ですから。

 

特に私は手掌多汗症と足裏多汗症が主症状なのですが、手汗も足汗も動かなくても出てくるので苦痛です(>_<)

 

クーラーにあたりすぎると、今度は逆に手先や足先が冷えてくるし。。

 

頭部多汗症や顔面多汗症の症状は、私はそんなに重度では無いのですが、夏場に外回りのお仕事などがある方で、頭部多汗症や顔面多汗症の方は結構厳しい日々なのではないかと、多汗症の方の気持ちがわかる分、頑張っていきましょうと思います。

 

頭部多汗症や顔面多汗症の治療方法って、なかなかネットでも書かれてないですよね。

 

頭部多汗症および顔面多汗症の治療として、額にボトックス注射を行うクリニックがありましたが、ETS手術といっても手掌多汗症が対象なのがほとんどだし、イオントフォレーシスは無理そうだし。。。塩化アルミニウム剤。。。

 

秋の気配と共に、少しずつ多汗症の私にとって過ごしやすい日々になります。。。

 

食欲の秋なので、ダイエットも頑張らないと!!

 

ではまた☆彡

うちの猫も多汗症・・・??

今日、動物病院にうちの猫を連れて行ったら、緊張したせいか、足の裏が汗で濡れていました。。。

 

猫の足の裏

 

診察台に足跡がペトペト。

 

私と同じだなって親近感沸いてしまいました。猫にも多汗症ってあるのでしょうか?

 

確かに、動物の方が人間より交感神経が刺激に反応しやすそうですね。

 

野生の感覚というか。

 

家に帰って来たら、落ち着いたのか足裏の汗はサラサラになっていました。

 

よかった、よかった。

 

おもしろい発見の一日でした☆彡

この方、多汗症なのかな?って思うと。。。

今日、いつも行くホームセンターで買い物をしてきました。

 

会計をしてもらうときに、レジのお姉さんがビニール袋に商品を入れてくれたのですが、お姉さんがビニール袋を触ったり、広げたりと色々扱うごとに、「キューッ、キュッ、キュッ」と音がします。

 

私はそれを見て、「ああ、この方、もしかしたら軽度の多汗症なのかな・・・」なんて、勝手に憶測。

 

もしかしたら、全然違うのかもしれないですけど( ^-^)

 

私も似たような経験をするので、ちょっと多汗症の私のレーダーが働いてしまします。

 

そうすると、なんだか親近感というか、同情してしまうというか、気持ちがわかるので、もしかして、本当に多汗症だったら、レジの仕事って結構気を遣うだろうな。。。なんて心配してしまったりするのです。

 

そういうときは、いつも決まって、レジ係の方の作業に関して、「私、全然無関心ですよ〜」的な感じで別の方向を眺めるなどして、ストレスをかけないように対応してます。

 

もし手掌多汗症だったら、相手がすっごく見ていると感じるだけで、汗の量が半端なく増えていきますからね。

 

それだとかわいそうだし。。。

 

それで、レジを終える最後には、「どうも、ありがとうございます」と丁寧に挨拶するようにしてます。

 

だって、多汗症として気持ちがわかるから。。。

 

あくまでもこれは、私の勝手な憶測なので、その方は全然多汗症じゃないかもですけどね(*^O^*)

 

今日も秋晴れ、秋風の一日でした☆彡

今も思い出す、制服と多汗症。。。

もう10月も終わりですね。早いものです。

 

今日、近所にある高校の近くを通ったら、高校生が夏の白シャツや白ブラウスから衣替えして、ブレザーを重ねていました。

 

懐かしい限りです。

 

そのあと思い出したのが、自分の高校時代。

 

多汗症の私にとって夏の白シャツは苦手でしたね。

 

体育のあとなんて特に。

 

多汗症である私は、他の学生より背中の汗が半端なく出るので、白シャツだとバッチリ、汗をかいていること、さらに多めにかいていることが歴然!

 

しかも、私はいつも席替えでのクジ運が悪くて、席は一番中央の真ん前。

 

みんなから、見られてるーーーって思うだけで、さらに多汗症状が倍増します(>_<)

 

なので、いっつも背中の白シャツ部分をパフパフさせて、背中からシャツが浮くようにしてました。

 

涙ぐましい努力です。。。なんて自分でも思ってしまいます。

 

だから、秋が深まって寒くなると、ベストとかブレザーを白シャツの上に重ねられるから、多汗症の私には嬉しくって仕方なかったのを憶えています。

 

高校生を眺めながら、そんなことを思っていた今日この頃でした☆彡