MENU

更年期障害の多汗症を改善させる方法は?

更年期障害として多汗症状は有名です。 

 

女性の更年期障害は、卵巣機能の低下によって、女性ホルモンであるエストロゲンの減少が影響して起こります。

 

女性の更年期障害になりやすい年齢は40代半ば〜50歳くらいが多く、男性においても血液中の男性ホルモンの減少によって起こり、年齢的には40〜60歳くらいと言われます。

 

男女ともに、食生活やストレスなども大きく影響します。

 

一般的に更年期障害の症状というと、これらが代表的です。

  • めまいや耳鳴り
  • ホットフラッシュ(のぼせ、ほてり、多汗)

 

ホルモンの急激な変動によって自律神経系が乱れ、のぼせや多汗が繰り返されます。

 

スポンサーリンク

 

多汗症状で気になる汗のニオイ

更年期障害の多汗症状によって、やはり気になるのは汗のニオイですね。

 

多汗が起きたり、静まったりと頻回に繰り返すために、汗をかいたまま放置してしまいがちです。

 

上半身に汗をかくことが多く、脇汗からくる体臭なども悩みの1つとなります。

 

さらに、人前で汗をかくことを止めたい一心でさらに発汗を促してしまう精神性発汗の要素もあり、ストレスにもつながり易くなります。

 

更年期障害の症状である多汗症を改善するためには、健康チェックも兼ねて医療機関へ受診することがベストですが、急な多汗症状に備えて、副交感神経系のリラックス方法など自分に合った即時的な汗止め対策を知っておくと便利です。

 

また、普段の食生活から多汗症状を抑える効果のある食材を摂ることも効果的です。

多汗症と年齢

多汗症という体質は、小学生くらいから自覚し始めます。

 

50年、60年と長い人生を、ずっと多汗症と付き合っていかなければならないのか?

 

年齢を重ねて高齢者になったら汗の量は変わるのか気になるところですよね。

 

調べてみたところ、基本的に高齢者は若年者と比較して発汗量が少なくなるそうです。

 

その理由としては、以下のようなものが挙げられるようです。

 

高齢者の場合・・・

  • 皮膚の表面温度が高くなることで反応する発汗反応の閾値が高い
  •  

  • 中枢神経温度の上昇に対する反応が遅い
  •  

  • 汗腺が若い人より小さい
  •  

  • 発汗を促す神経伝達物質の感受性が低い

 

以上のことから、若い頃より、高齢者の方が汗をかきにくい状態になるそうです。

 

年齢を重ねる毎に、体質も大きく変わると思いますが、多汗症の症状も高齢になるに従って、少しずつ軽減はするのかもしれませんね。

 

しかし、高齢になるまで多汗症と付き合っていくのは、かなり忍耐も必要です。

 

スポンサーリンク