MENU

多汗症だと薄毛になるの?

多汗症の人が薄毛になりやすいという噂は本当でしょうか?

 

自律神経系のひとつである交感神経は、血管を収縮させる役割があります。

 

過度のストレスや緊張状態で交感神経が活発化することによって、必要以上に頭皮の血管が収縮し、頭皮の血行不良や発毛、育毛を妨げる恐れがあるそうです。

 

特に頭部多汗症や顔面多汗症の場合、頭皮に通常よりも多くの汗をかきます。

 

ケアを怠ってしまうと毛穴を詰まらせてしまうことも考えられますよね。

 

さらに、多汗症からくる日常的なストレスが髪には大敵です。

 

ストレスを感じると活性酸素を作り出す要素となるアドレナリンが分泌され、頭皮の皮脂を酸化させることで毛根に悪影響が出るそうです。

 

多汗症だからといって、体質的に薄毛傾向がある訳ではないようですが、汗をかいた頭部や頭皮をしっかりと毎日のシャンプーでケアして、ストレスを溜めないような生活スタイルを保持することが、多汗症の場合の薄毛対策には重要です。

 

スポンサーリンク