MENU

手掌多汗症

手掌を重ね合わせる

人間の発汗は自律神経の「交感神経」の活動が影響していますが、特に手掌多汗症は頸椎から第6胸椎までの胸部交感神経節の過活動によって、通常より手汗の量が増えることがわかっています。

 

手掌多汗症患者の手のひらの汗腺を調査した結果でも、個数や、分布、形状に差は見られず、手の構造上の問題ではないとされています。

 

スポンサーリンク

 

手掌多汗症の重症度判定

手掌多汗症は自覚する汗の量によって、3段階に重症度判定されます。

 

重症度によって体質改善から神経を遮断する外科的手術まで、改善策の選択肢は幅広くあります。

 

手汗の量が最も多いと感じる【ピーク時】で判定してください。

 

当てはまるグレードをクリックすると、
各重症度に対応した多汗症対策の詳細ページへジャンプします。

汗の水滴はできないが手のひらが湿っている。こぶしを握っても汗は流れ落ちない。

 

 

汗の水滴が見てわかる。こぶしを握ると汗が流れ落ちる。

 

 

汗の水滴ができて、手のひらを開いていても汗が流れ落ちる。

 

 

 

 

スポンサーリンク

手掌多汗症の重症度と対策記事一覧

軽度手掌多汗症(グレード1)の症状汗の水滴はできないが手のひらが湿っている。こぶしを握っても汗は流れ落ちない。※多汗症ピーク時における状態で判定軽度の手掌多汗症の場合、暑い場所や湿度の高い環境になると手が湿ったり、精神的に緊張する場面で手汗が気になります。中等度から重度の手掌多汗症に比べて手汗を感じる回数は少なく、発汗量も少ないので、自覚症状としては時々手が汗で湿るくらいと感じる人が多いです。しか...

中等度手掌多汗症(グレード2)の症状汗の水滴が見てわかる。こぶしを握ると汗が流れ落ちる。※多汗症ピーク時における状態で判定中等度手掌多汗症の場合、リラックスした場面でも手のひらに発汗がみられます。汗の量も増えるため、誰かと手を握ったり触れあったりすると、「濡れてるみたい」と言われることもあります。手掌多汗症のせいで他者とのコミュニケーションが消極的になり、「汗を気づかれるのでは?」という不安な気持...

重度手掌多汗症(グレード3)の症状汗の水滴ができて、手のひらを開いていても汗が流れ落ちる。※多汗症ピーク時における状態で判定重度の手掌多汗症は、手のひらから汗がしたたり落ちるほどの発汗量となります。手先は常に冷たく濡れていて、皮膚が紫色に変色してしまうケースもあります。常に汗で濡れている手掌は、細菌感染を起こしやすくなっているため、手の皮膚が剥けたり、足底多汗症を伴う場合は、白癬菌の感染によって水...

手掌多汗症は病院の何科を受診すれば良いですか?手掌多汗症の治療は病院から美容クリニックまで、あらゆる医療機関で行われていて治療方法もいまだ確立されていないのが現状です。受診する病院や診療科によって推奨される治療が異なる場合、本当に自分に合った治療方法が選択されているのか不安にもなりますよね。多汗症による受診者が最も多い診療科は「皮膚科」と言われているので、まずは皮膚科にかかってみると良いかと思われ...