MENU

手汗の悩みよくある質問集

手掌多汗症は病院の何科を受診すれば良いですか?

手掌多汗症の治療は病院から美容クリニックまで、あらゆる医療機関で行われていて治療方法もいまだ確立されていないのが現状です。

 

受診する病院や診療科によって推奨される治療が異なる場合、本当に自分に合った治療方法が選択されているのか不安にもなりますよね。

 

多汗症による受診者が最も多い診療科は「皮膚科」と言われているので、まずは皮膚科にかかってみると良いかと思われます。

 

その際、大きな病院であれば多汗症や無汗症などを対象とした「発汗異常外来」を設けている病院もあります。

 

まずはお近くの病院に多汗症を診療できる専門外来がないか確認してみましょう。

 

別ページで、多汗症に関する有名病院をご紹介しています。

 

手掌多汗症手術の体験談や口コミは?副作用とは?

手掌多汗症に対する手術は「胸腔鏡下胸部交感神経遮断術(ETS手術)」と呼ばれます。
手掌多汗症における手術として保険適用です。

 

術後の副作用としては、代償性発汗が大部分の患者にみられます。
実際に手汗の手術を受けた方の体験談は別ページで詳しくご紹介しています。

 

多汗症の手術を後悔する人はいますか?

手掌多汗症の手術(ETS手術)は汗が驚くほどにピタリと止まるので、乾燥肌になり保湿クリームが手放せないほどの効果があります。

 

しかし、副作用である代償性発汗の症状が重度に出るケースがあります。その程度は個人差があって、実際に手術してみないとわかりません。

 

手術をしたことを後悔する人に多いのは、軽度の手掌多汗症であったに関わらず、代償性発汗が重度に出現してしまったケースではないかと思います。

 

手汗が改善して日常生活が問題なく送れると思いきや、全身から噴き出す汗の量が予想以上に多く、夏場や運動時、辛いものを食べたときなどの発汗が手術前よりも厳しいと感じるからです。

 

手掌多汗症が重度であった場合は、手汗が改善された満足感の方が代償性発汗の出現をも勝り、手術に関する満足度は高いのかもしれませんね。

 

手術で行う神経遮断は後戻りできない処置なので、多汗症対策の最終手段にするべきという人が多いのはそのためですね。

 

仕事中に手汗対策として手袋するのはありですか?

手掌多汗症で仕事に支障が出る職業として、美容師やネイリスト、看護師やマッサージ師、鍼灸師など直接人と接触する職業の場合、本当に悩みが尽きないと思います。

 

また、パソコン作業や書類を扱う事務業務のお仕事でも、汗を隠しながら仕事をしなくてはならず作業効率も落ちてしまうと思います。

 

職場で手袋をすることが、安全面や接遇面で問題ないのであれば、手袋着用も良いのではないでしょうか。

 

手汗で悩む手掌多汗症の場合、緊張したり、汗をかいていることを隠そうと必死になったりすることで、さらに汗をかくという悪循環に陥りやすいですよね。

 

その反面、手袋をしたことで安心感を感じて、手汗がおさまるという経験もあります。

 

手汗対策として、指サックをしているという人もいますし、セロハンテープを指の先端に貼っているという人もいます。

 

手汗がひどくなっても、手袋をすれば大丈夫と思える「緊急避難グッズ」を持っているのはとても心強く感じると思います。

 

スポンサーリンク