MENU

手汗に悩む職業【美容師・ネイリスト】

美容師と手汗

手を使う美容師やネイリストなどの職業にとって、手掌多汗症からくる手汗の悩みは他の職種よりも深刻ですよね。

 

特に「これから美容師を目指そう」「ネイリストになりたい」と考えている方は、自分は本当にこの職業に就けるのだろうかと悩んでしまうと思います。

 

手汗で悩む美容師さんの話しでは、少しでも緊張を感じるとさらに手汗が多くなるそうです。

 

スポンサーリンク

 

美容師やネイリストと手汗の悩み

美容師で手汗の量が多すぎると、ハサミを滑らせて落としてしまったり、お客さんの髪の毛を扱うときに滑りが悪く、髪が手にくっついて仕事がとてもやりにくくなるようです。

 

ネイリストと手汗

さらにネイリストはお客の手と触れあう機会がかなり多く、手が汗で濡れているのを隠すことは難しいかもしれません。

 

手掌多汗症のせいでお客の手に触れづらかったり、汗でフォームが貼りにくいと悩んでいる方もいると思います。

 

美容師・ネイリストに最適の手掌多汗症治療とは?

手汗を今すぐ完全に止めてしまいたいのであれば、ETS手術という交感神経を遮断してしまう手術が有効だと思います。

 

しかし、副作用である代償性発汗によって、全身や顔からの汗に悩まされる場合があるので充分な理解が必要です。

 

長期的な対策となりますが、多汗症を軽減するには「塩化アルミニウム剤の外用」や、電気的刺激を利用したイオントフォレーシスなどの治療が、第一選択とされています。

 

塩化アルミニウム液を配合した市販の制汗剤もあるので、まずはお試ししてみるのも良いかもしれません。

 

気をつけておきたいのは、塩化アルミニウムは敏感肌の人が使用すると手荒れが起こる場合があります。

 

ネイリストのようなお客様に手を見られる職業の場合は、肌荒れ対策も並行して行うことが重要になってきます。

 

スポンサーリンク